東京見聞録②

泊めてもらったおじいさんと別れた僕は東京を自転車で散策した。東京ドーム、駒沢公園、明治神宮、築地。日曜日だったこともあってどこに行っても人で溢れていた。最後に渋谷のスクランブル交差点へ向かった。渋谷駅前のポチ公を囲む大群。大型液晶モニターから恒久的に流される雑多な光。渋谷109などの人を取り囲む高いビルディング。信号が変わる瞬間、四方から一斉に人が溢れだす。日体大の集団行動のごとく、乱れなく。日本大衆文化の先端がここにあった。

新宿

機械音に侵され、目先の短絡的な歓びに身を委ねる人々。無秩序の中の空虚さ。笑顔の中の軽薄や欺瞞。
もう東京を去ろうと思った。
千葉へ向かうことにした。途中、月島でもんじゃ焼きを食べた。生焼けのキャベツの食感とソースの味しか感じなかった。僕はこの食べ物の美味しさに気づくことができなかった。
それから葛飾に行った。こち亀好きの友人にお土産を頼まれていたので。亀有駅前には両さんのモニュメントがあったが、お土産屋などは無かった。

帝釈天

せっかく葛飾に来たので帝釈天に行ってみることにした。「男はつらいよ」の舞台である。BSで毎週、放送していたので5話くらいは見たことがあった。
高度経済成長の時代に寅さんが人々をここまで惹き付けた理由は何だろう。ろくに仕事もせずに全国を放浪する寅さん。
経済成長と共に人は社会の歯車の一つとしての生き方を余儀なくされ、人間の繋がりは希薄になっていった。その時代の中でしがらみに拘束されず生きる寅さんの姿は文明の徒となった普通の人が決して真似することができない、変な言い方をすれば憧れがあったのであろう。
それから船橋に向かった。富士山を一緒に登った人と台湾ラーメンを食べた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中